スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の青野ダム8/15
本日の青野ダムは快晴!
かなり暑い一日・・・。
水位前日と変わらず。
水温27~30度!

釣果にかなり差が出てますね。
釣っておられる方は良いサイズばかり!
その差は何か!?・・・答えは『狙っている層』の違い。
ピーカンになるとシェードのできる「シャローカバー」を狙いたくなります。
しかしシャローの水温は30度。表層面はアオコで水が悪い。極端に魚の数が少ないようです。(まったく釣れないことはないが・・・)
良い釣果を出されてる方は『沖めの中層』で釣っておられます。
「水深6mぐらいで魚は2~3m・・・」ってな具合いに浮いてます。
ベイトも同じように浮いて回遊してるのでバスもそのベイトに着いて回るか待ち構えているようです。
あと水深のちょいある「立てストラクチャー」が狙い目。
例えば立ち木や橋脚。水通しも良いしシェードも出来るので。
ご参考までに!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。